お見積り ご予約

お掃除ロボ付きエアコンって、掃除する必要あるの?【プロが解説】

お掃除機能付きエアコン エアコン

最近のエアコンには「自動お掃除機能」というものが付いている機種が多いです。
手入れをしなくても良さそうなイメージがありますが、実際にはそうではありません。
お客様からも、「掃除は勝手にしてくれるんでしょう?」といった質問をよくされます。

結論から言いますと、自動お掃除機能付きエアコンでも掃除はしなければいけません。
むしろ、ノーマルタイプのエアコンよりも、汚れを落とすのが大変です。
ここでは、誤解されがちな自動お掃除機能付きエアコンの性能について詳しく解説します。

自動で掃除する場所

名前の通り自動で掃除をする機能が付いているのですが、お掃除ロボは万能ではないので、掃除が出来る場所は限られています。

フィルターの埃

ごく一部の機種を除いて、ほとんどのお掃除機能付きエアコンはフィルターに溜まった埃を掃除します。
掃除といっても、埃をダストボックスに集めるだけになりますので、溜まった埃は定期的に捨てなければいけません。
当然ですが、このフィルター掃除は、水を使うわけではありません。埃以外の、油やタバコのヤニ等は落とす事が出来ないので、フィルターも定期的な掃除が必要です。

アルミフィンの黴

熱交換の役割を担うアルミフィンに黴や埃が詰まっていると、冷暖房効率が下がります。
このアルミフィンを一時的に凍らせてから一気に溶かす事で洗浄を行うエアコンがあります。
汚れがひどくなる前に定期的に自動洗浄する事で、黴や埃の発生を抑制する効果があります。

手入れの方法

構造が複雑なため、手入れも大変になります。
素人の方には難しいかもしれませんので、無理に分解するのは危険です。

ダストボックス

前面パネルを開けると、両サイドのどちらかにダストボックスがあります。フィルターと一体になっている機種もあります。
ダストボックスは、放っておくと埃でいっぱいになり、機能しなくなってしまうので、定期的に掃除をしなければいけません。
目安としては、半年に一度程度です。

フィルター

先ほども述べたように、フィルターの汚れも完全に落ちるわけではないので、年に1度くらい又は、ダストボックスを洗う際に、一緒に掃除をすることをお勧めします。
エアコン本体にフィルターの外し方は書いてあるものが多いですが、無理して外すと故障の原因にもなりますので、難しい時は業者に依頼しましょう。

クリーニング価格

クリーニング価格は通常のエアコンよりも高くなります。
機種にもよりますが、¥15,000〜¥2,5000くらいが相場です。

通常より高い理由

お掃除機能付きエアコンは構造が複雑で、分解が大変な為、クリーニング価格がどうしても高くなってしまいます。
毎年のように新しい機種も登場し、機能が追加されるので、講習を受けるなどの費用が掛かります。
それらも、クリーニング価格が高い理由です。

ノーマルタイプと比較

ノーマルタイプと比べると、クリーニング価格は1.5〜2倍ほど高くなります。
クリーニングに要する時間も、2〜2,5倍になります。おおよその所要時間は、1台あたり3時間程度となります。

まとめ

  • お掃除機能付きでも掃除は必要
  • 価格は通常のタイプの1.5〜2倍
  • 相場は¥15,000〜¥25,000

熊本のエアコンクリーニング、ハウスクリーニングはMiC House Supportにお任せ下さい。

エアコンクリーニングの料金
現在、キャンペーン中!

  • スマホで簡単Web申込
  • 内容と日付を選ぶだけ


無料
お見積りはこちら

キャンペーン対象は、毎月先着20名様までです。割引をご希望の方はお早めにお申込みください。

コメント