お見積り ご予約

リモコンを見れば分かる。お掃除機能付きエアコンの見分け方

エアコンのリモコン Pick Up

エアコン掃除を頼もうと思ったけど、自宅のエアコンが自動お掃除機能付きなのかどうかが分からない。という方もいるのではないでしょうか。
お掃除機能付きエアコンはノーマルタイプと比べると、分解に時間が掛かる上にクリーニング料金も割高になります。
また、機種によって値段を変えている業者も少なくありません。

ここでは、自動お掃除機能付きエアコンとノーマルタイプの見分け方をご紹介します。
この記事を読むことで、自宅のエアコンに自動お掃除機能が付いているのかどうかが分かり、電話見積りやネット見積りの際に的確な金額を知ることができます。

お掃除機能付きエアコンとは

自動お掃除機能付きエアコンとは、エアコンのフィルターを自動で掃除してくれるエアコンのことをいいます。
一部機種では、内部を凍らせて、熱を利用し一気に溶かすことでアルミフィンのカビやホコリを洗い流す凍結洗浄機能が付いているものもあります。それらの機種を除いていえば、フィルターの埃のみを掃除してくれるエアコンということです。

リモコンでの見分け方

リモコンを見れば、お掃除機能が付いているかどうかが簡単に分かります。
しかし、ややこしい表記のものがあるので、その違いを解説します。

手動掃除ボタン

リモコンに、「手動掃除」という表記があるものは自動お掃除機能が付いています。
また、機種によっては、「フィルターそうじ」と表記してあったりもします。
ボタンがなくて、リモコンの液晶で操作するタイプは、お掃除機能付きエアコンである可能性が高く、メニューを開くと、「フィルターそうじ」などの項目があります。
これらの表記がリモコンにあるものは、全てお掃除機能付きエアコンです。

内部クリーンボタン

「内部クリーン」というボタンが付いているリモコンがありますが、それはお掃除機能ではありません。
内部クリーン機能とは、送風運転などによってエアコン内部を乾燥させ、カビの発生を抑制するものになります。
ややこしい表記なので、勘違いをされる方も多いです。

おそうじボタン

こちらもややこしい表記ですが、「おそうじ」と書いてあるボタンがあります。THOSIBAのエアコンなど。
しかしこれもお掃除機能ではありません。
機能としては、先ほど触れた内部乾燥と同じです。

その他見分け方

リモコンで確認する以外の見分け方も念のためにご紹介しておきます。

ダストボックス

勘違いをされているお客様も多いのですが、自動お掃除機能付きエアコンでも手入れをする必要があります。
お掃除ロボットによって集められた埃は、ダストボックスという小さな箱に溜まります。
ダストボックスは、前面パネルを開けると、左側に付いていることが多いです。DAIKINのエアコンなどは、フィルターと一体型になっています。
このように、お掃除機能付きエアコンには、必ずダストボックスが付いています。

フィルターの形状

皆さんも一度はご自身でフィルターの掃除をしたことがあると思いますが、ノーマルタイプのエアコンは、フィルターを簡単に外すことが出来ます。
つまみを掴んで下に引くだけです。
しかし、お掃除機能付きエアコンの場合は簡単に取れない仕組みになっているものが多いです。
前面パネルを開けてみて、フィルターが取りにくいなと感じたらお掃除機能付きエアコンの可能性が高いです。

まとめ

  • お掃除機能はリモコンで見分けれる
  • 手動掃除、フィルター掃除の表記はお掃除機能付きエアコン
  • その他ややこしい表記もある

コメント